広告代理店のアルバイトのスタイルとは?

広告代理店等でのアルバイトのスタイルはどういうものか興味のある方は多いと思います。広告代理店のアルバイトと言っても、営業の手伝いではなく、どちらかと言うと、プログラマーやWebデザイナーの手伝いが多いです。たとえば、広告サイトのバグ修正や、新しいページの制作。あとは、企業のロゴの作成等です。アルバイトをするのに必要なスキルは、DreamWeaverやイラストレーター、フォトショップ等のスキルが必要になってきます。広告代理店のアルバイトをするにあたって、特に資格制限等はありませんが、自分でホームページを作ったことがあるぐらいの知識は必要になります。他にも、コピーライターやグラフィックデザイナーというアルバイトのスタイルもあるのですが、より高度なものが求められます。将来、広告代理店に就職しようと考えている大学生の方には、社会に出る前にアルバイトを通じて、貴重な経験が積めるのは間違いないです。スキルUPや知識向上だけではなく、社会人としてのビジネスマナーも身に付きます。また、独学でホームページ制作の勉強をしながら広告代理店のアルバイトをするというスタイルもいいかもしれません。広告代理店のアルバイトの情報は、どちらかというと求人サイトで応募するよりは、直接、広告代理店の求人ページに応募したほうがいいかもしれません。その時、自分が作成したバナーやホームページなどがあるようでしたら添付すると選考がスムーズになります。可能でしたら、無料でいいのでレンタルサーバを借りて、ホームページやロゴ、バナーなどの素材をアップロードして開示しておいたほうがいいです。広告代理店でカッコイイ社会人を目指しましょう。

ページの先頭へ戻る